アコムの仮審査が可決されたのに本審査で落ちる2つの理由

アコムは申し込みをする前に3秒診断で仮審査をする事が出来ます。年齢、性別、他社借入件数、他社借入総額を入力するだけで診断してくれるので本審査の目安にする事が出来ます。仮審査が可決すると申し込みをした後に行われる本審査でも可決される事が多いです。しかし仮審査が可決されたのに本審査に落ちてしまったというケースも少なからずあります。そこで仮審査が可決されたのに本審査で落ちるのはどのような理由が考えられるのか見ていく事にしましょう。

・在籍確認が取れない

アコムの本審査では審査の終盤に在籍確認が行われます。在籍確認は申し込みをした時に申告した勤務先に電話をかける方法で行われて実際に在籍している事が確認出来ればその時点で審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけても誰も出ないなど在籍確認が取れないと審査の落ちてしまいます。仮審査では在籍確認は行われないので結果が異なる可能性があります。

・金融事故を起こした経験がある

アコムは審査で信用情報を確認してキャッシングなどの利用履歴を確認します。それで長期間の延滞や債務整理など金融事故を起こした経験があると信用情報に履歴が残っているので審査に落ちてしまいます。仮審査では信用情報を調べないので結果が異なる可能性があります。