よく目にする総量規制対象外って何?

消費者金融などに精通している方やよく借り入れをしている方は総量規制法という法律は誰もが知っている法律です。が、初めて借り入れをする方などはいったい何のことだろうと疑問に思う方も多いことでしょう。簡単に説明をすると総量規制法とは自身の年収(手取りではなく税込みの金額)の3分の1以上は‘消費者金融’からは借り入れができないという法律です。

ですので例えば、300万円の年収であれば100万円までしか借り入れができないということです。金融関係は全部個人情報のデータが横でつながっております。なので、誰がいくら借りているかは申し込む際必ずわかります。それに基づいて融資ができるかどうかを判断します。

ただここで注意をしていただきたいのがあくまでも‘消費者金融’からの借り入れの総額ということを意味しており‘銀行系のカードローンは’除外をされるということです。お金を貸す=消費者金融じゃない?と思われる方もいると思いますが、法律上は大手でいえばアコム、アイフル、プロミスのような会社は消費者金融の分類で、オリックス銀行など○○銀行と書いていればほとんどが銀行系と思って大丈夫です。

いわゆる銀行系のカードローンは年収で借り入れを規制している法律がなく独自の審査で融資を行っております。よって銀行系のカードローンは『総量規制対象外』となるわけです。借り入れをする際は借り入れ状況などを踏まえてどこから借り入れができるかしっかり判断をしましょう。