キャッシングの審査は嘘をつかない・安定収入・勤続期間が重要です

キャッシングの審査基準は会社によって違いますが、どの会社にも共通して審査を通過するのに重要な要素が3つあります。

申込みの時に嘘を一つもつかずに正しく記入すること、安定した収入があること、勤続期間が一定以上あること、この3つです。

申込みで嘘をつくのは、最もしてはいけないことです。

相手はプロなのですぐに嘘はバレますし、そうなれば審査時にそれが原因で落とされたり、もし審査に通った後でも、即全額返済を求められ、以降利用禁止という事もありえます。

安定した収入と勤続期間は、返済能力を示すのに必要です。

毎月収入があるなら滞らない返済プランを建てられますし、勤続期間がある程度長ければすぐに仕事を辞め無いだろうという信用を得られます。

安定収入は毎月収入があるならアルバイト等の薄給でも限度額以外の問題はありません。

勤続期間は、半年未満だと審査を通るのは非常に難しく、1年以上あれば十分信用を得られます。