アコムの仮審査が可決されたのに本審査で落ちる2つの理由

アコムは申し込みをする前に3秒診断で仮審査をする事が出来ます。年齢、性別、他社借入件数、他社借入総額を入力するだけで診断してくれるので本審査の目安にする事が出来ます。仮審査が可決すると申し込みをした後に行われる本審査でも可決される事が多いです。しかし仮審査が可決されたのに本審査に落ちてしまったというケースも少なからずあります。そこで仮審査が可決されたのに本審査で落ちるのはどのような理由が考えられるのか見ていく事にしましょう。

・在籍確認が取れない

アコムの本審査では審査の終盤に在籍確認が行われます。在籍確認は申し込みをした時に申告した勤務先に電話をかける方法で行われて実際に在籍している事が確認出来ればその時点で審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけても誰も出ないなど在籍確認が取れないと審査の落ちてしまいます。仮審査では在籍確認は行われないので結果が異なる可能性があります。

・金融事故を起こした経験がある

アコムは審査で信用情報を確認してキャッシングなどの利用履歴を確認します。それで長期間の延滞や債務整理など金融事故を起こした経験があると信用情報に履歴が残っているので審査に落ちてしまいます。仮審査では信用情報を調べないので結果が異なる可能性があります。

即日審査で手軽に借り入れ

金融機関でお金を借り入れする際には、必ず審査が行われます。金融機関は、借り入れを申し込んできた人に返済能力があるかどうかを確認した上で、貸し付けをするのです。そのため審査は、借り入れ金額が多ければ多いほど、時間をかけて慎重に行われます。逆に少額の借り入れでの審査は、比較的短期間で終わるということです。

そのため個人向けの融資サービスのキャッシングでも、審査はスピーディに行われます。遅くても2~3日で、早ければ即日で審査結果が出されるのです。もちろん通過していた場合には、すぐにキャッシング用のカードが発行されたり、指定口座への振り込みが行われたりします。

中には、申し込んでから30分程度で借り入れが可能になるというキャッシングもあります。しかも近年では、金融機関の窓口まで足を運ぶことなく、自宅などからパソコンやスマートフォンを使って申し込むことが可能となっています。

いずれの場合も、指定フォームに住所氏名など必要事項を入力した上で、本人確認書類のデータと一緒に送信するだけで済むのです。本人確認書類とは運転免許証や健康保険証などで、これらはデジカメやスマートフォンで撮影すれば、送信可能な状態になります。

このように手軽に手早くお金を借り入れできるので、多くの人が手持ちのお金が足りなくなった場合などに、キャッシングを利用しています。

本人確認はどうやって行われる?

キャッシング審査で必ず行われるのが本人確認です。キャッシングの審査では信用情報が重要なポイントになりますが、別人の信用情報を調べてしまっては意味がありません。そのため、本人確認はできる限り正確を期す方法で行われます。

本人確認は書面と電話の両方で行われる

キャッシング審査の本人確認は、身分証明書の提出と電話確認の二段構えで行われることがほとんどです。申し込みをするときに電話番号を入力する項目がありますが、固定電話と携帯電話のふたつの欄があるはずです。携帯電話の番号を記入しておけば、本人確認の連絡はたいていこちらにかかってきます。キャッシングによっては好きな方を連絡先に指定することもできます。自宅電話にはかけてほしくないという方は必ず携帯電話の番号を入力しておきましょう。

電話確認が必要ない場合の注意点

キャッシングのなかには電話連絡を行わないとしているものもあります。web上での手続きのみで審査が完了するタイプがそれに該当します。電話対応をしなくてはいけない煩わしさからは解放されるのですが、そのかわりに収入証明書が必須になっていたり、特定の身分証が必要だったりとほかの部分で確認が強化されている場合が多いです。自分が必要な書類を用意できるかどうかをきちんと確認してから申し込みをするようにしましょう。

キャッシングの審査に通るコツとは?

キャッシングやカードローンでお金を借りたいという人にとって不安に感じるのはキャッシングの審査に通るかどうかという点です。実際に、キャッシングを利用する際にどうすれば審査を無事に通ることができるのでしょうか。
まず申し込む際に心がけることは借り入れ金額をできるだけ少なくするということです。仮に、年収から計算すると100万円まで借入限度額があるとしても、実際に借り入れるときには5万とか10万など小額で申し込むなら、審査のハードルを低くすることができます。

次に行うべきことはこれまでの使用状況を確認することです。もし、今までにキャッシングやクレジットカードを使用していて返済が遅れたりしたことがあるのなら、そうした信用情報は情報機関に履歴として残されます。つまり、審査の際に不利に働いてしまうのです。そこで、申し込む前に過去に利用した履歴を調べておくことは大切です。

実際に、キャッシングの審査の際にチェックされるのはあなたの性格などではありません。これまでの、そして今後予想されるお金の流れをチェックされます。それで、審査される前に自分自身できちんとした返済計画を立てておくなら、自信を持って審査にのぞむことができるはずです。